NHK BS1「COOL JAPAN」に守屋智敬が出演し、コメントさせていただきました

NHK-BS1で、毎週日曜午後6:00より放送されている「COOL JAPAN〜発掘!かっこいいニッポン〜」という15年以上つづく番組において、代表理事の守屋智敬が出演し、コメントをさせていただく機会をいただきました。


6月6日(日)放送の番組テーマは、「日本人への大ギモン!働き方」

様々な角度から、「この働き方って?」が問われていて番組そのものが、とても面白かったです。



「ナゼ、男女で仕事が決まっているの?」というコーナーで、

「仕事×性別」に紐付けられたアンコンシャスバイアスについて、語っています。


 ▷ 番組HPはコチラより


アンコンシャスバイアスは、「決めつけ」や「押しつけ」の言動にあらわれることが多いのですが、『かくあるべき』は、互いの心のあと味を濁すことにもなりかねないことをあらためて感じながら、私たちも、番組を視聴させていただきました。


「日本人は〇〇〇だ!」

「これは、女性の仕事/男性の仕事」


といった思い込みは、時に、仕事をはじめとする可能性を狭めたり、時に、誰かを傷つけたり、時に、変化についていけなかったりといった様々な弊害をおよぼします。


今回の番組のテーマのひとつであった「この仕事は女性の仕事」「この仕事は男性の仕事」などといったアンコンシャスバイアスは、キャリアにも影響することを感じています。


今年にはいり、一般社団法人アンコンシャスバイアス研究所では、小学校(道徳の時間や、総合的な学習の時間のなか)で、授業をさせていただいたことをきっかけに、「小・中学生へアンコンシャスバイアスを届けよう!」というプロジェクトをスタートしました。


子どもや、先生や、保護者が、アンコンシャスバイアスを知ることは、「子どもたちの未来における可能性を、せばめないようにする」という点で、とても大切なことだとミッションに感じています。




NHK BS1「COOL JAPAN」は、長寿番組であり、私たちのまわりでも、視聴されている方がおおく、様々な感想や反響をお寄せいただきました!



これって、私のアンコンシャスバイアス?が合言葉となり、ひとりひとりがイキイキとする社会に、この番組でのコメントが、一歩でも二歩でも近づくきっかけになっていたらな~と、本当に感謝の出演でした!