top of page
|認定トレーナー養成講座について

アンコンシャスバイアスとは、「無意識に”こうだ”と思う」こと。日本語では、無意識の思い込みとも表現されています。

無意識がゆえに、完全になくすことはできないものの、「アンコンシャスバイアスに気づこう!」と意識することで、モノの見方が変わったり、とらえ方が変わったり、他の可能性を考えてみようと思えたり、一歩踏み出してみようという勇気がもてたり、一歩踏みとどまってみることができたりといったように、様々な変化がおとずれます。

アンコンシャスバイアスを「知る」「気づく」「対処する」ことで、ひとりひとりがイキイキする社会をめざし、ミッションに共感いただいた方々とともに、この概念が広がってゆくことをねがい、認定トレーナー養成講座を開講しています。
 

◆認定トレーナーの活躍フィールドは?

一般社団法人アンコンシャスバイアス研究所の認定トレーナーは、100名をこえましたが、その活躍フィールドは様々です。それだけ、つまりは、アンコンシャスバイアスの影響範囲は実に広いということのあらわれでもあると感じています。

 

<一部ご紹介>
プロ講師/社内講師(経営企画室、人事、マーケティング、人権啓発室、広報など)/大学教員/小学校・中学校教諭/医師/看護士/獣医師/社会保険労務士/キャリアカウンセラー/がんのピアサポーター/被災地支援者/記者・ライターなど

 


◆どのような文脈でいかされているのか?
詳しくは、アンコンシャスバイアス研究所の設立背景をお読みいただければと思うのですが、一般社団法人アンコンシャスバイアス研究所は、がんと診断をうけたことのある方(治療前、治療中、治療後)や、ご家族・職場の方などが集われる場で、「がんに対するアンコンシャスバイアスに気づく」というワークショップを実施させていただいたことがきっかけとなり、2018年に設立することとなりました。

2015年~2017年までは、「部下育成のために」や、「D&I推進のために」という文脈のなかで、経営者や管理職の方にむけて、アンコンシャスバイアスをお届けすることが主だったのですが、「がんに対する無意識の思い込み」をテーマにワークショップをさせていただいたことをきっかけとして、「アンコンシャスバイアスを知る、気づく、対処すること」が、ひとりひとりがイキイキとする社会に、一歩でも、二歩でも近づいてゆくきかっけとなると思うこととなりました。

その後、企業、官公庁、自治体、がん支援団体、NPO法人、小学校、中学校、高校、大学など、多くのご縁に導かれ、認定トレーナーの皆さんとともに、アンコンシャスバイアスを様々な文脈でお届けしています。

●DE&I推進のために

●部下育成のために(経営者・管理職へ)

●キャリアデザインのために

(中・高校生のキャリア教育~企業のキャリアデザイン研修まで)

●イノベーション推進のため

(新しい商品・発想のため)

●広報・PR・商品づくりのため

(企業発信にアンコンが潜んでいないか?炎上防止のため)

●コンプライアンス遵守、ハラスメント防止、人権啓発のため

●医療現場における課題解決のために

●防災、減災のため

●がんと仕事の両立支援のため

●病気に対する思い込み・偏見をなくすため

●子どもたちの未来のために(小・中学校での出前授業プロジェクト)

認定トレーナーの受講をご検討中の方は、以下もぜひご覧ください

アンコンシャスバイアス研究所の設立背景

がんと仕事の意識調査

学校教育プロジェクト(こどもたちへの授業、教員研修、保護者講演)

/

|講師養成講座の概要

『これって、私のアンコンシャスバイアス?』『これって、私のアンコン?』が合言葉となり、一人ひとりが、イキイキとする社会をめざし、ともに、この概念を広げていただける思いあふれる方とのご縁を心よりお待ちしております。

▼受講~認定プロセス

①志望動機などをもとにした「書類選考」があります

②2日間のオンライン講座に参加

③中間課題

④最終課題(2週間~1ヶ月かけて取り組むもの)

▼費用

250,000円(税別)

*認定後の「年会費」「テキスト使用料」はありません​​

▼講座開催スタイル

・2日間ともオンライン(Zoom)開催です

​・カリキュラムの都合上、少人数開催です

2日間の講座内容

<Day1>
・アンコンシャスバイアスセミナー(受講者感情を体感)
・アンコンシャスバイアスを理解するためのセッション

<中間課題>
Day1からDay2の間に、課題あり

<Day2>
・中間課題の発表セッション
・伝え手として大切なこと
・カリキュラムの設計コンセプトなど

<最終課題>
・レポート提出(提出までに約1ヶ月を要する方が多いです)
・課題図書3冊(各自購入)

▼今後の開催予定

2023年以降の開催予定

23期

【Day1】2023年3月5日(日)10時ー19時00分
【Day2】2023年3月12日(日)10時ー19時00分

24期 ※募集開始は3月~

【Day1】2023年7月2日(日)10時ー19時00分
【Day2】2023年7月16日(日)10時ー19時00分

25期 ※募集開始は7月~

【Day1】2023年11月5日(日)10時ー19時00分

【Day2】2023年11月19日(日)10時ー19時00分

※24期以降の開催日時は、募集開始前までは変更となる可能性があります

※募集開始は「4ヵ月前」を予定しています

※2024年は、1月13日(土)、27日(土)の開講を予定しています

/

|企業単位での講師養成講座について

企業・各種団体単位での開催は、個別に受付けています。

企業単独開催の場合には、最少催行人数を5名以上としております(1クラス8名を基本)

パナソニックグループでの取組み
多様性を活かすことを重要な経営戦略の一つとして位置づけられ、挑戦する一人ひとりが個性を発揮し活かしあえる環境づくりを推進しているパナソニックさん。アンコンシャスバイアス研究所では、DEI推進施策のひとつとして行われている「アンコンシャスバイアス」トレーニングの全社員展開にあたり、15名をこえる「認定トレーナーの育成」や、100名をこえる「アンバサダーの育成」などをご支援しています。

https://holdings.panasonic/jp/corporate/sustainability/diversity-equity-inclusion/inclusive.html#sec2


日経ビジネスでも取り上げられました

/

|認定トレーナー養成講座についてのお問合せ

企業単位での認定トレーナー養成講座の開講や、公開コースのキャンセル待ちなど、各種問合せは以下よりお願いします。

/

|過去の開催実績

第1期:2019年2月開講

第2期:2019年6月開講

第3期:2019年9月開講

第4期:2020年1月開講

第5期:2020年5月開講

第6期:2020年7月開講

第7期:2020年8月開講

第8期:2020年10月開講​

第9期:2021年1月開講

​第10期:2021年2月開講

​第11期:2021年3月開講

​第12期:2021年4月開講

​第13期:2021年8月開講

第14期:2021年10月開講

第15期:2021年10月開講

第16期:2021年12月開講

第17期:2022年1月開講

​第18期:2022年3月開講

​第19期:2022年5月開講

第20期:2022年7月開講

​第21期:2022年8月開講

第22期:2022年12月開講

 

☆上記以外に、企業単位での開催を行っています

/

bottom of page