​|アンコンシャスバイアスの学びの場

アンコンシャスバイアスを学ぶことをテーマとして、「研修」「講演」「eラーニング」「動画教材」「社内ワークショップの監修」「講師養成」「社内冊子の監修」「各種媒体への連載、インタビュー」などに応じています。

​|研修・講演について

​研修や講演のタイトル例

全社員対象:誰にでもある「アンコンシャスバイアス」を知る、気づく、対処する

経営層・管理職限定:リーダーのためのアンコンシャスバイアス研修

ハラスメントにひそむアンコンシャスバイアス研修

ダイバーシティ推進のためのアンコンシャスバイアス研修

イノベーションがおきる組織風土づくりのためのアンコンシャスバイアス研修

育休復帰者&上司が共に受講するアンコンシャスバイアス研修

キャリアデザインのためのアンコンシャスバイアス研修

がんアンコンシャスバイアスに気づく

広告宣伝やPRにひそむアンコンシャスバイアスに気づく

復興地東北で学ぶ災害時やリスクマネジメントにおけるアンコンシャスバイアス研修

研修や講演の依頼元

これまでに、5万人をこえる方々へ、アンコンシャスバイアス研修を実施してきました。

<主な依頼元・実績>

企業の「人事部門」「ダイバーシティ推進室」「法務・コンプライアンス室」「人権啓発室」「経営企画室」など
労働組合、連合
自治体、男女共同参画センター
医療機関、学校法人、認定NPO法人(がん患者サポート団体)等

​|具体的な研修カリキュラム(一部ご紹介)

無意識の偏見、無意識の思いこみなど、様々な言葉で表現されている「アンコンシャスバイアス」。このアンコンシャスバイアスは誰にでもあるということを知ることから、すべてがはじまります。人や組織に大きな影響をおよぼすアンコンシャスバイアス。社会問題にひそむアンコンシャスバイアス。様々な領域、様々な視点で、このアンコンシャスバイアスを知る、気づく、対処することの重要性が注目されています。

​プログラム内容例(管理職編)

1.はじめに

-リーダーにとって大切なものとは?【問い】

-ひとりひとりがイキイキと活躍するために、無意識の自分に気づく

2.アンコンシャスバイアスを知る

-無意識の自分に気づく【様々なワーク(アイスブレイクワーク)】

-誰にでもあるアンコンシャスバイアスとは?

-アンコンシャスバイアスで生まれやすい言動「決めつけ」「押しつけ」

-日常の中にあるアンコンシャスバイアスに気づく【チェックリスト】

3.アンコンシャスバイアスに気づく

-様々なアンコンシャスバイアス

 (確証バイアス、正常性バイアス、集団同調性バイアス、バラ色の回顧など)

-アンコンシャスバイアスによってうまれる個人と組織の問題とは?

-アンコンシャスバイアスの正体とは?

-時代の変化と自己防衛心への影響

-何がカギをにぎるか?

 

4.アンコンシャスバイアスに対処する

-自分のアンコンシャスバイアスを探る【ワーク】

-5つの対処法

-ひとりひとり、その時々と向き合うことの大切さ

​※管理職編のベーシックな内容のご紹介です。

※ご依頼の主旨、背景などにより、冒頭の問いや、メッセージ性などをカスタマイズしたうえでご提供しております。

​|登壇講師

一般社団法人アンコンシャスバイアス研究所の代表理事(守屋智敬)

一般社団法人アンコンシャスバイアス研究所の理事

プロフェッショナルパートナー講師(認定トレーナーのなかでも、「パートナー講師」の審査を通過したプロ講師)

※お客様のご要望やテーマに応じて、代表理事、理事、パートナー講師をご紹介しております

※何れも、一般社団法人アンコンシャスバイアス研究所による監修カリキュラムでのご提供となりますので、ご安心ください。

​|セミナー情報
​|eラーニング

「アンコンシャスバイアス」をテーマとしたeラーニングを販売しています。

 「管理職編」と「非管理職編」とをご用意していますので、ご興味のある方は、個別にお問合せください。

なお、企業独自の「eラーニング制作」(動画/PPT形式等)のご相談にも応じています

​|その他(監修)

様々なご相談に応じていますので、まずはお問合せを個別にいただければと思います。

 

<事例(実績)>

アンコンシャスバイアスをテーマとした「ドラマ制作」の監修

アンコンシャスバイアスをテーマとした「社内ワークショップ」の監修

アンコンシャスバイアスをテーマとした「社内冊子」の監修

アンコンシャスバイアスをテーマとした「通信教育」の監修

アンコンシャスバイアスをテーマとした「雑誌」「WEBマガジン」などの監修

アンコンシャスバイアスをテーマとした「動画eラーニング」の制作・監修 など

​|社会貢献(社会問題×アンコンシャスバイアス)
 

家庭や、職場や、地域社会にある様々な社会問題には、アンコンシャスバイアスがひそんでいます。例えば、「がん×アンコンシャスバイアス」「介護×アンコンシャスバイアス」といったような様々な社会問題に貢献できればと思っています。社会課題に取り組むイベントでの登壇オファーには、時間の許す限り、協力させていただきます。

●「がん」のアンコンシャスバイアスに気づく

ーがん罹患者、ご家族、職場同僚など、それぞれにある「無意識の思いこみ」を知る、気づく、意識するプログラムを提供しています。