アンコンシャスバイアス.png

アンコンシャスバイアス(unconscious bias)を知る、気づく、対処することで、ひとりひとりがイキイキする社会をめざす一般社団法人アンコンシャスバイアス研究所は、全国の小・中学校の子どもたちを対象とした「アンコンシャスバイアス授業」のプログラムを開発いたしました。2021年より、全国の小・中学校で、アンコンシャスバイアス授業の提供をスタートしました!

小・中学生へのアンコンシャスバイアス授業では、

「自分も含めた一人ひとりを大切にしよう」といった心を育んだり、

「SDGsのジェンダー平等、不平等を無くす、平和と公正、パートナシップの重要性に気づくきっかけ」を提供したり、

「自らの可能性を信じるキャリア教育(進学・進路などの将来)」としてなど、

子どもたちの可能性の幅をひろげるための機会を提供します。

子ども.png
 

■授業の感想

boy&girl2.png

アンコンに気づかなかったら、友だちとの仲が悪くなったり、自分が傷ついてしまったりと、けっこう大変なことになってしまうと気づきました。だから、アンコンに気づこうとすることが大事なんだなと思いました。​(小学生)

boy&girl6.png

私は前に出ると、緊張してうまくしゃべれなくなったりするのですが、アンコンを考える授業で、友だちと意見を交換したことで「ちょっと頑張ったら自信がつくかも」と思えた気がしました。ふだん、あたりまえに思っていたことについて考えてみることが面白かったです。(小学生)

boy&girl4.png

「世界一になるのは無理!」というのもアンコンだと思いました。アンコンを知らなかったら、自分の可能性をせばめるところでした。(小学生)

boy&girl5.png

アンコンを考えなかったら、もしかしたら人との深いつながりも、偏見で、無くなったかもしれない。ちゃんと相手を知ってから人と付き合っていこうと思った。(小学生)

boy&girl3.png

「まわりにあわせたほうがいい」と思いこんでいる自分に気づきました。集団同調性バイアスの影響をすごくうけていると感じました。私はこれから、自分に対するアンコンシャスバイアスに目をむけていきたいと思いました。そしたら、本当の自分に出会えるようにも思いましたので(中学生)

boy&girl1.png

「違いは、間違いではない」「自分の可能性を信じよう」というメッセージが、すごく印象に残りました。アンコンに気づいて、少しらくになった気がします(中学生)

boy&girl2.png

今回の授業をとおして、相手に不快な思いをさせないためにはどうすればよいのか。

自分の可能性を広げるためにはどうしたらよいのか。ということを考える機会となりました(中学生)

■子どもたちからでてきたアンコンシャスバイアス

「メガネ」の人は、まじめだ!

と決めつけていた

「私に、発表はできない」と

​思いこんでたかも!

「この役割は私には無理」と

思いこんでいる

食わずぎらいも

​アンコンと思った!

この子は絶対〇〇じゃん

と思ってしまう

机にうつぶせになっていると、

泣いているんだ!と思いこむ

この水たまりは浅いだろう

と思ったら、深かった

女性は家事、男性は仕事

決めつけていた

■アンコンシャスバイアス授業導入校の先生からのコメント


札幌市立あいの里東小学校の角井先生から、「小学校6年生に、アンコンシャスバイアス授業を実施してもらえないでしょうか?」というメッセージをいただいたことがきっかけとなり、私たちは、はじめて、子どもたちにアンコンシャスバイアス授業をお届けすることになりました。
2021年3月にDay2方式で授業実施。その後にいただいた約130人の子どもたちの感想文に心うごかされ、「全国の小・中学校でアンコンシャスバイアス授業(出前授業)を届けていこう」と思うに至りました。

2021年7月、小・中学校でのアンコンシャスバイアス授業の提供開始に先立つプレスリリースにあたり、授業を導入するきっかけとなった角井陽子先生にコメントをお寄せいただきましたのでご紹介させていただきます。

札幌市立あいの里東小学校 教員 角井先生のコメント

アンコンシャスバイアスの授業は、子どもたちだけでなく、教員である私たちにとっても、非常に学び深き時間となりました。子どもたちは、自分のなかに思いこみがあることに気づくとともに、それによって、自分の可能性を狭めたり、誰かを傷つけることもある等、それぞれに、様々な気づきがあったように思います。授業後、クラスのなかで、「これって、アンコン?」「これは、アンコンだよねー」などの会話がいたるところから聞こえてきます。そして、子どもたち同士はもちろんのこと、子どもたちと、教員との会話においても、「これって、アンコン?」と、フラットに語り合うことができていることも、うれしい出来事でした。


昨年実施いただいた6年生を対象とした授業では、私にとって驚く出来事がありました。実はあの時期、私のクラスでは、SDGsについて学ぼうとしていたのですが、アンコンシャスバイアスと、SDGsの「5.ジェンダー平等」「10.不平等を無くす」「16.平和と公正」「17.パートナーシップ」とが、非常に関連しているということに気づいている子どもたちが何人か出てきました。そう考えると、アンコンシャスバイアスを学ぶことは、SDGsにつながる素晴らしい学びにあるということを改めて感じています。

今般、全国の小中学生にむけて、アンコンシャスバイアスの授業を広げていく取組みをスタートされるとのことをおききしました。「あいの里東小学校の子どもたちからの授業後の感想がきっかけとなった」という守屋先生のお言葉を非常にうれしく思っております。道徳の時間や、総合的な学習(探求)の時間などをとおして、ひとりでも多くの子どもたちがアンコンシャスバイアスを学び、知って良かった!気づいてよかった!が広がってゆけばと思っております。

​|小・中学生への授業概要

■担当講師:

一般社団法人アンコンシャスバイアス研究所の認定トレーナー

(ジュニアトレーナー養成講座修了者が対応します)

 

■授業枠:

・道徳

・総合的な学習の時間

・SDGsに関する授業

・キャリア教育など

■実施形式:

・オンライン授業orリアル(対面授業)

※地域によっては、講師は「オンライン」登壇となる場合があります

■授業回数:

・1回完結型コース(授業は1~2コマを利用)

・2回完結型コース(1回目の授業後に宿題あり)

※2回コースを推奨しています

■対象学年

・小学校(5~6年生)

・中学校

​・高等学校

※小学校4年生への授業提供は要相談となります

※高校や大学での授業も可能です

※複数学年、複数クラスをオンラインでつないでの授業実績多数

・​​ 

※​文部科学省の「若者のためのライフプランニング支援の推進事業」においても、特に学校現場において、子どもたちが自身のライフキャリアを固定的な性別役割分担意識にとらわれず考えられるようにするため、指導的立場にある教員が、自身のアンコンシャスバイアスに気付くためのプログラム開発の必要性が提言されています。

・​​ 

​|授業実施事例のご紹介
 

・​​ 

2.png

授業カリキュラム(例)

◇1回目の授業(45分)

・アンコンシャスバイアスとは何か?を知る

・​様々なワークをとおして「無意識」が自分にもあると体感し、「思い込み」をしている自分に気付いていく

◇宿題

・1週間後の授業までのあいだで、「私のアンコンを探そう!」

◇2回目の授業(45分)

・宿題を共有したうえで、アンコンシャスバイアスの影響を考える

・「アンコンシャスバイアスに気づかなかったらどんな問題があるのか?」

 「気づいたらどんないいことがあるのか?」等

​※授業カリキュラムはカスタマイズにてご提供します

※1回のみの授業も可能です

 
​|小・中学校での授業導入実績

・​​ 

【2021年からの実績(導入校一部ご紹介)】

<小学校>

●札幌市立あいの里東小学校(北海道・公立)

 ・小学校5~6年生(約130名)・オンライン授業(4クラス同時接続)

 →コラム記事

●矢巾町立矢巾東小学校(岩手県・公立)

 ・小学校5~6年生 ・オンライン授業(5クラス同時接続)

●杉並区立堀之内小学校(東京都・公立)

 ・小学校5~6年生 ・オンライン授業(5クラス同時接続)

●白百合学園小学校 (東京都・私立)

 ・小学校5~6年生(約240名) ・オンライン授業(6クラス同時に実施)

 コラム記事

●神戸市立美賀多台小学校

 ・小学校4~6年生​ ・オンライン授業(6クラス同時接続)

​ →取材記事

●平和学園小学校

 ・小学校4~6年生 ・対面授業

 →学校での紹介記事

●仙台白百合学園小学校

 ・小学校5~6年生 ・オンライン授業(複数クラス同時接続)

<中学校>

●松前町立岡田中学校 (愛媛県・公立)

 ・中学校2年生​ ・対面授業(体育館開催)

●春日部共栄中学校

 ・中学校2年生 ・オンライン授業(3クラス同時接続)

●AICJ中学校(広島県・私立)

​ ・中学校2年生 ・対面授業(体育館開催)

●五ヶ瀬町立五ヶ瀬中学校

 ・中学校1~3年生 ・オンライン授業(複数学年同時接続)

 ・2022年度も継続して導入(新1年生に実施)

●藤沢市立善行中学校

 ・中学校1~3年生​ ・オンライン授業(複数クラス同時接続)・2コマ連続開催

●私立郡山ザベリオ学園

 ・中学校2年生

 →学校での紹介記事(2回の授業をおえて)

 →学校での紹介記事(夏休みあけの振り返りの様子)

 

<高校>

●島根県立横田高等学校

 ・オンライン授業

​他、多数

栃木、千葉、埼玉、東京、神奈川、静岡、岐阜、三重、神戸、広島、岡山、福岡、宮崎、長崎などの「小学校」「中学校」「高等学校」で授業実施をしています。また、「教員研修」や「保護者講演会(学校主催・PTA主催)」もお引受けしています。

・​​ 

​|企業イベント「ファミリーデー」での導入事例

企業主催のファミリーデー(従業員のご家族むけのイベント)でも、アンコンシャスバイアス授業は採択されています。

 

導入実績

・株式会社三菱 UFJ フィナンシャル・グループ

「MUFG Family Festa」の企画で、小学生対象「親子で学ぶアンコンシャスバイアス授業」と、中・高生対象の「アンコンシャスバイアス授業」とをお届けさせていただきました。

・カルビー株式会社「カルビーファミリデー」

夏休み!従業員のご家族の方むけ企画で、「アンコンシャスバイアスってナニ?〜自分の可能性を広げるチャンス〜」をテーマに、お届けさせていただきました。参加者は小学校2年生~大人まで。

 

子どもたちへのワークショップ実施経緯

アンコンシャスバイアス研究所では、2021年7月より、全国の小・中学校にアンコンシャスバイアスの授業を届けるプロジェクトをスタートしました。「自分も含めた一人ひとりを大切にしよう」といった心を育んだり、SDGsの授業で導入されたり、進路・進学などをはじめ、「自らの可能性を信じる」といったキャリア教育をとおして、子どもたち一人ひとりの可能性をひろげるための授業を提供しています。

この取組みに共感いただいた三菱 UFJ フィナンシャル・グループ様よりお声がけをいただき、社員とそのご家族の方を対象に実施した「MUFG Family Festa」において、アンコンシャスバイアスのワークショップを実施させていただきました。

unconsciousbias1.png
unconsciousbias2.png

詳細は、ぜひプレスリリースをご覧いただければと思います。

写真は当日の様子

・​​ 

​|メディア掲載情報
 
IMG_0644.jpg

▼ソーシャルスキル活用術(東京書籍)

日本における教科書出版の最大手である「東京書籍株式会社」さまよりお声がけをいただき、

中学校道徳科教育用資料である「ソーシャルスキル活用術」において、アンコンシャスバイアス授業についてご紹介をさせていただく機会をいただきました。

092210.jpg
306538375_2275620329264341_9122116673426914455_n.jpg

プレジデントFamily 2022年秋号

特集記事「判明!自己肯定感の育て方」において、取材をいただき、親子それぞれにあるかもしれない「アンコンシャスバイアス」について、見開き2ページで掲載されています。

https://presidentstore.jp/category/MAGAZINE/092210.html

スクリーンショット (33).png

北海道放送「今日ドキッ!」

(2022年8月30日放送)

夕方の情報番組「今日ドキッ!」より、取材をいただきました。テーマは、アンコンシャスバイアス。アンコンシャスバイアス研究所がはじめて小学生に「出前授業」をお届けさせていただいた「札幌市立あいの里東小学校」の先生への取材もありました。

unnamed.jpg
278377438_5095769107181274_6380641722467041001_n.jpg

毎日小学生新聞(2022年4月より連載スタート)

毎日新聞社が発行する「毎日小学生新聞」で、アンコンシャスバイアスをテーマとした連載がスタートしました。

「これって、アンコン?」は、毎月第2火曜日です。

unconsciousbiasedu.png

東洋経済education×ICT(2021年12月2日)

https://toyokeizai.net/articles/-/470457

小学校での「アンコンシャスバイアス授業」を取材いただきました。

アンコンシャスバイアスニュース.png

出典元:日本教育新聞(2021年7月12日【3面】)

日本最大の教育専門全国紙である日本教育新聞にて、

アンコンシャスバイアス授業の取材記事が掲載されました。

 

記事内容は、「札幌市立あいの里東小学校」で6~7月にかけて行われたオンラインでのアンコンシャスバイアス授業(出前授業)についての取材記事となります。

 
​|各種お問い合わせ

​●学校での授業や、教員・保護者の方向けに講演を行いたい方

​●企業のファミリーデーで導入されたい方