|アンコンシャス・バイアスとは?

アンコンシャス・バイアス(unconscious bias)とは、日本語では「無意識の思いこみ」「無意識の偏見」「無意識の偏ったものの見方」など、さまざまな言葉で表現されている概念です。実例としてよく知られていることとしては、「男性だから」「女性だから」「理系だから」「文系だから」などといったステレオタイプな決めつけを無意識にしてしまうことがあげられます。


<こんなことはありませんか?>
 □ つい、「これまでのやり方」や「前例」に固執してしまう
 □ 何をするにしても相手との「上下関係」を意識してしまう
 □ 育休取得をする男性社員は、昇格欲が低いと思ってしまう
 □ 「普通は●●だ」「たいてい●●だ」という言葉を使うことがある
 □ 「男のくせに」や「女のくせに」など思ってしまうことがある
 □ みんながコーヒーを頼むと、つられて「私も」と言ってしまう

このように、わたしたちの脳は、これまでに経験したことや、見聞きしたことに照らし合わせて、あらゆるものを「自分なりに解釈する」という機能を持っています。しかし、人により解釈は様々がゆえに、無意識のうちに(知らず知らずのうちに)、相手を傷つけたり、相手を苦しめたりしてしまいます。アンコンシャスバイアスとは、こうした知らず知らずのうちに相手を傷つけたり、相手を苦しめてしまうことに対処するためにも、誰もが知っておいたほうがよいと思われる概念として、近年、注目をあびるようになりました。

企業では、「ダイバーシティ&インクルージョン」の推進のために、「コンプライアンス」を重視するために、「人権啓発」のために、「一人ひとりがイキイキと活躍する組織を目指す」ために、「経営者や管理職が人や組織に大きな影響をおよぼしていることを知る」ために、といったように様々な文脈で、アンコンシャス・バイアスという概念浸透のための研修や講演などの取り組みが活発におこなわれています。

また同時に、社会課題に、アンコンシャス・バイアスがひそんでいることも知られてきています。なかでも、「がん罹患者やご家族や職場の仲間」を対象とした「がんにひそむアンコンシャス・バイアスに気づく」といったテーマでも注目をあびています。